経営学部 情報メディア学科

スマートフォン時代の「マネジメント・メディア・情報」を学ぶ

近年、動画共有サイトをはじめソーシャルメディアの拡大やスマートフォンの普及、書籍の電子化が加速するようになりました。このようなメディアの変化を踏まえ本学科では、経営学(マネジメント理論)をベースに情報通信技術とメディアをビジネスに活かす方法を学びます。

学びのフィールド

社会に繋がる学び
経営会計コース
経営会計コース

経営・会計・情報管理の能力を育成

経営学や会計学の基礎を学ぶだけでなく、事業計画論や税務会計を学んで実践力を高め、国際経営論や国際会計を学んでグローバル化に対応できる知識も身につけます。さらに、職業会計人育成プログラムでは、簿記や税理士の資格取得に結びつく知識を身につけます。マーケティング人材育成プログラムでは、商品販売の資格取得や小売業での活躍に必要な知識を身につけます。

企業家教育も充実
「起業家」を目指す学生に、新規事業を創造するための知識とノウハウを提供することを目的とした起業家教育も行っています。経済産業省が提唱するソーシャルビジネスの事例を学びながら、起業をテーマに多方面から研究できます。

メディアマーケティングコース

メディアマーケティングコース

スマートフォン時代の新しいメディアの活用能力を育成

動画投稿サイトやSNSなどソーシャルメディアを用いたマーケティングを学び、画像・映像・音楽表現による広告用デジタルコンテンツを制作し、メディアマーケティング人材となるのに必要な知識を身につけます。

ICT・アプリ開発コース

ICT・アプリ開発コース

情報通信技術(ICT)とアプリの開発力や活用力を育成

情報通信技術に関する知識を学び、AI、スマートフォン用アプリ、IoT、ロボットの活用を想定したプログラミング学習を通じてソフトウェアの開発や情報システム設計に必要な知識と技法を学び、情報通信技術の開発や活用を専門とする業界で情報技術者として活用するのに必要な能力を身につけます。

授業紹介

国際会計

「次代のニーズを知り、活躍できる専門知識を学ぶ」
3年次・専門教育科目/会計と情報管理

現在、企業活動のグローバル化が進展する中で、世界的に国際会計基準・国際財務報告基準(以下、「IFRS」という。)が注目されています。それは、各国の会計のルールの違いは、資金の効率的な流れを阻害するという認識が、国際社会によって強く共有されるようになったためです。IFRSの理解は、経済学部や経営学部で、経済の仕組み、企業経営、そして会計を学ぼうという皆さんにとって重要ですし、IFRSに詳しい人材は、企業が求めています。授業ではIFRSの基本的な考え方に関する理解を得ることができます。会計の国際化について勉強してみましょう。

石坂 信一郎 教授国際会計の授業の様子1国際会計の授業の様子2

石坂 信一郎 教授

映像制作

「最新技術を学びながら“カタチ”にしていく」
2年次・専門教育科目/マーケティングとメディア

「映像制作」の授業はCMや広報ビデオの制作に必要な、映像に関する知識とコンテンツの企画力を養うことを目的としています。広報ビデオのコンセプトとロケ地(正課の授業では大学のキャンパス内)を決め、ディレクターやレポーターとしての実践力を身につけます。授業で得た知識を応用して、授業時間外に取材をして、映像作品を制作している学生もいます。
また、情報設備の更新を期に、2014年度からはVFX(映像効果)の実習を授業に取り入れています。AFX(音響効果)については姉妹科目の「音楽制作」で学ぶことができます。

安田 晶彦 准教授映像制作の授業の様子1映像制作の授業の様子2

安田 晶彦 准教授

システム開発論

「社会で通用する「システム開発」の知識を習得」
2年次・専門教育科目/情報システム開発

本講義では、企業で「仕事そのもの」となる「システム開発」について学んでいただきます。ここで学んだことを会社で「提案書」に書いても説得力はあります。同時に、国家試験である「基本情報技術者試験」に合格するために必要な知識の伝授も目的としています。具体的には、ウォータフォールモデルやスパイラルモデル、プロトタイプモデルにおけるシステム開発の工程、図に示すような「外部設計」、「内部設計」、「プログラム設計」等について学んでもらいます。

杉原 健一 教授システム開発論の授業
電子地図の蓄積・管理
建物境界線である建物ポリゴン*階数,建物タイプ,壁や屋根へのテクスチャマッピング用イメージコードなど3次元化のための「属性情報」

杉原 健一 教授

情報システム設計

「想像を超えた技術が、新しい日常を作り出す」
2年次・専門教育科目/情報システム開発

ツイッターにフェイスブック、様々なオンラインゲームなどの楽しいネット上の仕組みは、新しいアイディアと情報システムとが両輪となって世の中に出てきました。少し前までは夢物語であったことが情報システムにより現実のものとなる潮流は、これからも加速していきます。授業では基礎的な技術と新しい技術とを織り交ぜて学びながら、システムを開発する力を身に付けていきます。

井戸 伸彦 准教授情報システム設計の授業情報システム設計の授業の様子2

井戸 伸彦 准教授

卒業生からのメッセージ竹之内真実

4年間で積み重ねた勉強や経験が、納得の就職につながりました。

高山信用金庫 竹之内 真実
経営学部/情報メディア学科 2018年3月卒業

在学中は、企業会計や税務会計など興味のあった商業科目を専門的に学ぶことができました。また、所属していたソフトピア共同研究室では、企業の方と接する機会にも多く恵まれ、礼儀やマナーに加え積極性を養うこともでき、自分に自信を持てるようになりました。これらの学びや経験を活かして、信用金庫のインターンシップに参加したことが就職活動の第一歩となり、お金を扱うだけのイメージが強かった信用金庫が、実際は地域の人たちと密接に関わり、暮らしをサポートしていることに魅力を感じました。その後、職員の方々の人柄に惹かれ、就職先に決めたのが高山信用金庫です。将来は、支店の顔として地域の人たちをサポートできるよう、日々勉強しながら成長していきたいと思います。

竹之内太一

苦い経験から得た大切なこと。「決して諦めない気持ち」で内定獲得

長野三菱電機機器販売株式会社 竹之内 太一
経営学部/情報メディア学科 2018年3月卒業

大学に入学する際、思い描いていたのは学業と部活動を両立した大学生活で、就職のイメージまでは正直できていませんでした。実際、大学では部活動と並行して日商簿記2級を取得したり、ゼミナール大会で特別賞を受賞するなど、両立に励んでいましたが、訳あって部活動を辞めることに。それ以降は、辞めたことを悔やみ続けていました。就職活動では、なかなか内定がもらえずに諦めかけていましたが、部活を辞めた時の苦しさ、悔しさを思い出し、今度こそ諦めてはいけないと自分を奮い立たせ、再び活動を再開。その結果、希望していた地元の企業に就職が決まり、大きな自信にもつながりました。今後、新たに自分がどう成長していくのかが今からとても楽しみです。志を高く持って頑張ります。


資格取得支援・実績

業種別就職先

取得可能な資格

教員免許状 高校(情報・商業) / 基本情報技術者 / ITパスポート / 簿記 / リテールマーケティング(販売士) など

目指す進路

情報関連企業 / 出版広告業 / 小売業 / 金融業 / 職業会計人 / ソーシャル・コミュニティビジネス など経営の学びを活かした幅広い業種を目指す

科目一覧

科目一覧

資料請求入試案内

このページは役に立ちましたか?はい いいえ


送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。