ゼミナール教育

キミたちがゼミの主役

ゼミナール(通称ゼミ)とは

ゼミと講義の違いは、すべて学生発信で行うということ。自由な発想で研究し、社会で必要な知的行動力を身につけよう!

ゼミの流れ

課題発見まずは、何を調べるか決めよう!
先生の指導のもと、小さな疑問や興味を出し合い、仲間同士で議論していくうちに、みんなが調べたい研究テーマを決定します。

研究の様子
調査資料を集めて、
調査開始!
まずは、実態調査からスタート。様々な方法で気になることを徹底的に調べます。時にはキャンパスを飛び出しての調査も行います。資料探し
討論意見を出し合い
アツい討論!
集めたデータや資料をもとに自分の考えをまとめ、意見を出し合います。ここでみんなが納得のいく結論を出すべく、とことん話し合います。討論を重ねます
発表いよいよ発表!

発表に向け、資料を作成。資料の分かりやすさや表現方法も重要なポイント! 研究成果の集大成なので念入りにリハーサルを。

発表の様子
打ち上げ長いゼミ研究も
ひとまず終了!
ついに調査研究も一段落。共に頑張ったゼミのメンバーはお互いを高め合っていける大切な仲間。反省会も含めた打ち上げで乾杯!

打ち上げの様子
小川 拓馬 経済学部 経済学科

小川 拓馬 経済学部 経済学科【藤井ゼミ】 / 岐阜県 関高等学校出身

ゼミ学生の全員が明確な目標を持ち活動に取り組んでいるので、ゼミ全体がとても活発で有意義なところが気に入っています。先生もメリハリのある指導をしてくださるこのゼミで、大切な仲間と出会うことができ、目標に向かって1日1日を大切にすることを学びました。将来は金融関係の仕事で地域活性化に貢献したいと考えています。

地域で学ぶゼミナール

太田 功二
経済学部/経済学科【菊本ゼミ】
沖縄県 久米島高等学校出身

ゼミを通して地域に貢献できる「学生ならではの活動」を企画・実行しています。将来役立つ計画性や実行力を身につけられます。

地域の課題を、ゼミのテーマに。

ゼミで挑戦するテーマに、地域の抱える課題を選び、その資料を調べたり、実際に地域へ飛び出して調査をおこないます。その課題を体験しながら実感し、冷静に分析、解決策を提案していくことで、地域の本当の姿を知ることができます。

学内ゼミナール大会優秀賞受賞

菊本ゼミ「大垣市子育て支援条例」

子育て日本一への道!

将来の日本を支えていく今の子どもたち。少子高齢化を止め、不安定な人口ピラミッドを正常な形に戻すのは喫緊の課題。そこで大垣市は「子育て日本一」を掲げ、子どもたちの元気な声が響く明るい町にすることを目的とした「大垣市子育て支援条例」を施行しました。子育て支援は決してハードルの高いものではありません。地域のみんなが子育てに関心を持ち、身近なことから支援することが大切なのです。

優秀賞受賞チーム 菊本ゼミ一同

大垣市が掲げる想い「子育て日本一」を深く知りたいと考え「広げよう保育の輪~大垣市子育て日本一への道~」というテーマを研究しました。イベント企画では苦労もしましたが、子どもたちとふれあい笑顔を見ることで胸が温かくなりました。

優秀賞受賞チーム 菊本ゼミ一同

学内ゼミナール大会の一日に密着!

1.発表直前

円陣を組んで気合い!

ついに発表の出番。円陣を組んで気合いを入れよう

2.いよいよ発表

チームで皆で発表に望みます発表の様子審査員の教授陣からの質問に答えます

1広い講堂での発表は緊張するけれどメンバーが近くにいるから心強い
2 発表後には、審査員の教授陣からの質問に答えます

3.審査&表彰式

頑張ってよかった

表彰式ギフケーオリジナルトロフィー

大会もようやく終わり

1 「頑張ってよかった~!」 優秀賞を取ったチームに贈られるトロフィーはみんなの一生の宝物
2 表彰式。チームリーダーが舞台の上へ
3 ゼミナール大会のためにつくられた本学オリジナルトロフィー
4 「スゴイ嬉しい!」 一日掛かりの大会もようやく終わりを迎え、みんな充実感いっぱいの笑顔です

ゼミナール協議会 2016年度委員長
経済学部経済学科 小川拓馬さん

小川拓馬さん 私はこの大会を通じ、支えてくれる方々の有難さを実感致しました。その理由は大会後、今回は大きなトラブルもなく、スムーズに進行できていたと教職員の方からお褒めの言葉を頂き、それは幹事会のメンバーを始めとした学生たち、また大会運営にかかわって頂いた関係者の方々のご協力に他ならないと考えたためです。来年度以降、委員長をされる方も支えてくれる方々への感謝の気持ちを忘れずに取り組んで頂きたいと思います。

資料請求入試案内

このページは役に立ちましたか?はい いいえ


送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。